HOME > 講師紹介

講師紹介

森脇 教雄(Norio Moriwaki)

  • 関西学院大学法学部政治学科卒業
  • ブリストル大学大学院修士課程(TESOL)修了
  • 米国CTI認定プロフェッショナルコーチ(CPCC)
  • TOEIC970点
  • 英検1級

大学在籍中は「灘中・灘高合格者数日本一」を誇る進学塾で4年間英語講師として指導に当たる。大学卒業後、別の大手進学塾に就職。10年間に渡り、英語を指導するかたわら、教室責任者、英語科リーダー、エリアマネジャー、高校入試責任者などのポストを務めた後、当時の同僚と独立・起業する。


5年間、共同で塾経営に携わった後、コーチングと出会ったことがきっかけで、40歳を機に家族を連れて英国大学院留学を決意。TESOLの修士課程で英語教授法を学ぶ傍ら、現地小学校の5年と6年生クラスに二人の我が子が編入したことで、小学校高学年から初めて英語を勉強し始める日本人児童の英語習得過程をそばで観察できたことはその後の英語指導において大きな財産となる。

修士課程を修了し帰国した後、受験英語指導を通じた「使える英語指導」を実践すべくLEGLABO設立に至る。修士論文では英国に在住する東アジア人留学生を対象にしたリスニングの理解力を阻む諸要因について研究。


飯室 諮(Hakaru Iimuro)

飯室 諮講師画像1
  • 甲南大学経営学部国際経営学科卒業
  • インタースクール大阪本校翻訳日英コース本科4終了
  • 翻訳家
  • 精神保健福祉士
  • TOEIC990点(満点)
  • 英検1級

英語との出会いは小学5年時に父親の海外赴任に同行する形でシンガポールに引っ越したことがそもそもの始まり。「シングリッシュ」に囲まれながらも、帰国する頃には同じマンションに暮らす西洋人との普段のコミュニケーションはもちろん、彼ら大人たちがしている会話もほぼわかるレベルに。


飯室 諮講師画像2

中2で帰国したのち、帰国子女枠で甲南中学に編入。大学進学と共に始めた学習塾や家庭教師での英語指導は大学を卒業した後も続けるものの、29歳の時に一念発起して翻訳の世界へと転身。プロ翻訳家養成機関で通算8年の訓練期間を経て翻訳家となる。 一方で養成機関在籍中から翻訳の「息抜き」で受けていた英検やTOEICの受験では、毎回受ける度にロースコアの受験者に足りないものは何かという視点からテストを分析しハイスコア攻略のためのテクニックを蓄積してきた。

飯室 諮講師画像3

自他共に認める凝り性で、小2から始めた将棋は父親の海外赴任がなければプロ棋士に弟子入りさせようかという話も出ていたほどの腕前。現在5段。 その一方で、シュートボクシングでは日本ヘビー級チャンピオンとの対戦経験もあり翌日のスポーツ紙の1面を飾ったことも。膝に大怪我を負い格闘技は引退するもののその腕っぷしは空手3段。


ブラッド・ランド(Brad Land)

英語教室 Kokopelli English 代表

大手学習塾にて小学生から中学生を対象とした英語指導におけるaural/oral面を担当するなど、日本において20年以上の英語指導キャリアを持つ。独立した後は、英語教室Kokopelli Englishを立ち上げ、自身の指導対象生徒も未就学児童から社会人までと幅広くカバー。特に幼稚園児から小学生を対象とした英語指導においては、オリジナルビデオ教材の作成・併用とにより、授業以外の時間で生徒がいかに英語に触れられるかを追求。その一方で、公立高校の国際コースを志望する生徒を対象にした実技試験対策や英検の2次面接対策も指導。LEGLABOのオリジナル教材のうち、主に音声・映像部分の作成をサポート。アメリカ出身。


このページのトップへ