HOME > LEGLABO 講師ブログ

LEGLABO 講師ブログ

やらないという選択肢はないやろ

ある進学校に在籍しているLEGLABO生が、
 
「うちの学校、こないだの駿台模試で唯一英作文だけ学校平均が全国平均並みだったんですよ…」

と話してくれたのですが、その際に「やっぱり!」と思った話です。

レグラボに通っている生徒が学校でどんな授業を受けているかというのは、だいたい彼らの勉強風景や質問に来る内容で把握できるわけですが、冒頭の生徒が通う高校は進学校だけあって、進度も速いし、取り扱う内容も学年の割に難易度がかなり高いなと感じるものばかりなのですが、なぜかこの学校は文字系のインプットに相当偏重しているなという印象が前々からあったわけです。

簡単に言うと、長文読解や和訳問題で生徒に出している課題はやたらと多いのですが、同じインプットでもリスニングの課題はあまり見たことがなく、あとライティングやスピーキングといったアウトプット系のものもかなり少ないイメージで、いわゆる「ザ・日本の受験英語!」みたいな感じが色濃いわけです。
 
そうすると、生徒の翻訳能力はそこそこつくのかもしれないのですが、その一方で日本語を英語に直す、いわゆる「和文英訳」ですら本当に初歩の初歩的な内容が「完璧に」できるわけではなかったり、ましてや、英語のエッセイとかになると全然ダメとなるわけです。
 
もしかしたら学校の方針的に、とにかくまずはインプットにエネルギーを費やして受験学年になったらアウトプットに力を注がれるのかもしれませんが、とは言っても非常にいびつな感じがするのは否めません。
 
さらに驚くべきことに、多分そんな感じの進学校がまだまだ大半なのかなと思ったりするのは、高3生が受ける模試の英作問題の成績を見るときです。
 
レグラボでは、だいたい受験生にもなるとかなりの頻度でライティングや入試問題の英作をやらせてこちらもそれをチェックしたりするわけで、校内生のライティング力というのは私の方で把握しているわけですが、私のチェックでほぼダメ出しの赤チェックがつきまくる子が全国模試の英作文でかなり高い数値を叩き出すことは前々からあったのですが、驚くべきはその高い数値を叩き出している答案を私が見た時に「この答案でこれだけの点数がもらえるって、他の受験生の答案ってどれだけレベル低いん!?」とまさにドン引きすることがよくあったからです。
 
でも、これは逆に言えば、ライティング力をしっかりつけさえすれば、ここは本当に受験当日に心強い味方となってくれるわけですよね?(^^)
 
やらないという選択肢はないやろ、、、( ̄▽ ̄) by鶴瓶

安定感

LEGLABOの生徒で、私がその子の英語力にある程度の信頼を置いている生徒というのは、ほぼ例外なくシャ読(多読&シャドウイング)を続けている生徒です。


ところが、そういう生徒が必ずしも定期テストの点数が良いか?という話しになるとこれがまた別問題でして…(^^;)

もちろん定期考査で文句なしの成績を取ってくる生徒もいるのですが、必ずしも皆が皆そうというわけでもないわけで、このあたりが面白いなぁと思うわけです。

もちろんそうかと言って、とんでもない点数を取ってくることはそうそうないのですが、具体例で言うと82〜84点みたいな感じです。このビミョーな感じ、わかりますか苦笑?親御さんから見ても決して「悪い成績」ではないのですが、かと言って、大変満足みたいな成績でもないという、なんかこう中途半端な点数なわけです。決して口にはされませんが、なんとなく聞こえてきそうなのは「あんた、レグラボで英語がんばってるんやから、もう少し(=95点ぐらい)取れへんの?」みたいな感じですかね…。

たまにそのあたりを心配されてご相談に来られる親御さんもいらっしゃるのですが、基本的に私の中である程度その英語力に信頼を置いている生徒に関してはどの場合も「大丈夫ですよ」と伝えています。

で、結局、その後のその子の成績を見ていると「大丈夫」になっています。

シャ読はどうしても「お勉強」的要素がかなり低い英語学習法なので、やってる本人はあまり「勉強をしている」という認識がなく、従って確実に身に付いている自分の実際の英語力を自分であまり実感していないことが多く、結果、自分の英語力に対する自己評価があまり高くなかったりすることがあるわけです。

自分の成績に対する自己評価が高くない生徒というのは、だいたいテストを解き終わると、見直しもせず寝たりします。寝るところまでいかなくても、見直しなどもしません。こういう行為は全て「良い点数を取りたい」という意識がベースにあって初めて出てくる行為であり、例えば「自分は勉強がデキる」という自己評価を持っている生徒などは言われるまでもなく呼吸レベルでやる行為でもあるわけです。

でも、実際には着実に実力はついていっているので、なんらかの拍子で受けた実力テストや模試で定期考査以上の成績を取ったりすると「え!?」みたいな衝撃が走り、「モシカシテ、オレ/アタシッテ、エイゴデキルコ?!」みたいな認識の大転換が起こるわけです。

こうなると成績は大分安定してくるようになります。

こちらでシャ読をしている中学生の中にも50万語を越えてくると大分安定感を感じられるようになります。

定期考査、イマヒトツやな・・・ましてや実力テストや模試なんて・・・と思われている方、意外と解決策は全然違うところにあるかもしれませんよ。


小学生の英語

まだなかなかサンプル数が少ないので断言できないのがもどかしいのですが、小学生の間で多読をしている子は中学&高校でそこまで英語に困ることはないだろうな、ということを今通っている中高生で英語に苦戦している子を見るにつけ思います。

多読と言ってもそんなに大それたことをするわけではなく、例えばその子の現時点での英語力が4だとしたら1〜3レベルの英語をたっぷり、そのあいまに4〜5レベルの英語を変化球っぽく入れてあげるイメージです。いずれその子の英語力が4〜5になってくると、2〜4レベルの英語をたっぷり、ちよこちょこと5レベルの英語を与えていく感じです。

このやり方だと小学生の間は基本的に「わからない」というストレスはありませんので、英語嫌いとかになるリスクもゼロです。

ちなみにこれを和訳の習慣がつき始めた中学生にやらせると、細部に意識が行きがちで、大枠内容よりも一つ一つの未知の単語に意識が行くようになり、そのことにストレスを感じる子もいます(特に偏差値の高い進学校に通う生徒)。それがいいとか悪いとかといったことはないのですが、ちょっともったいないなとも思ったりします^^;

別に宿題がどっさり出るわけでもないので、中学受験塾との併用も十分可能ですよ〜

どうですか?

難しいことをやらないと成績は上がらない、なんてことはないのです。
少なくとも英語という教科においては…。


と言って、では簡単なことばかりしとったらいいんやとも言っておりませんでして。。。はい。

要は英語は語学なので、他教科みたいな勉強のやり方をそのまま英語に押し付けなくても良いということなのです。

もちろん簡単な文章ばかり読んでいるだけで京大の入試問題が解けるわけではありません。
京大に行きたければ京大の過去問はしないとダメですし、それ相応の入試問題を使った演習はもちろん必要です。

でも、京大目指しているからと言って、京大の入試問題レベルの英文ばかり読むこと自体が「いびつ」だというだけのことなのです。
「いびつ」なだけだったらまだ良しとして、それだとどこかで天井にぶつかってませんか???   と。

「ぶつかっとらん」という羨ましい知能を兼ね備えた人ももちろんたくさんいます。

でも、同じ数か、あるいはもしかしたらそれ以上に

「ぶつかっとる!?」

という人、絶対にいますよね???(^^)

そういう方は是非LEGLABOへお越しください。

肩の力抜いてリラックして成績上げていきましょう〜


あ、京大の例はあくまでもたとえですよ。
あたし、おれ、京大志望ちゃうけどええんやろか?とか無駄な心配は不要ですからね〜

もう9月も半ば

塾生には月間予定表でお伝えしています通り、本日敬老の日は教室はお休みですが、来週の秋分の日は通常営業しています。
 
さて、9月ももう半ばを過ぎてしまいました。
 
受験生はここからは本当にあっという間ですね。模試の回数も増えていきますので今までつけてきた力をしっかりと試してきてほしいと思います。
その他の学年も、学校の中間考査まであと1ヶ月を切った学校が大半です。

少しずつでもいいので毎日勉強する習慣をつけてしまいましょう!
 
ここでのポイントは「ちょこっとずつでいい!」ってとこですよ〜
いきなりその時の気分でハードルあげるから途中で挫折するリスクが上がるんですよ〜
なんでもそうですけど、一歩ずつでも前進していれば必ず目的地には到達しますからね〜
 

それはわかってるねんけどな〜

なんだかな〜

流されてるな〜おれ or あたし or うちの子…

という方はお早めにご連絡下さいませ。

週1で塾に通っただけで勉強した気分になって成績が上がるくらいチョロいもんならこの世の中から落ちこぼれなんて出ません。
 
クラブでたとえると、週1で全体練習に参加しただけでレギュラーのポジション獲得できるほど甘くないのと同じですね…。
 
さあLEGLABOでコツコツ練習できるシステムを作ってしまいましょ!

発音のジレンマ

これはレグラボの今後の大きな課題でもあるのですが、うちの生徒で発音が一番上手なのはやはり小学部の生徒たちです。これはもうダントツでそうです。

といっても、レグラボの小学生たちは入学時に英語未経験者もいますので、何もネイティブのようにすらすらとよどみなく話せるという意味ではなくて、発音がきれいなのです。これは間違いなくフォニックスをしつこくやらせていることの1つの成果かと思っています。発音がきれいだと、例えば「stopped」みたいな動詞の過去形を初見で読む際にも、誰からも教わることなく一発で正しく「stopped」と発音できるわけです。このことを初めて目の前で生徒がやってのけた時は本当に目からウロコでした。英語の先生なら誰しもご経験があると思うのですが、中1の終わり頃に過去形を教える際にはplayed、talked、wantedと発音が3タイプに分類される動詞の過去形を複数板書して、それらをみんなでコーラス練習をすると思うのですが、あんな練習は本来は全く不要なわけですよ・・・。すみません、ちょっと余談でした。

で、もちろん中学部や高校部でも発音の上手な子はいますが、基本的にそういう子はインター上がりか、あるいは「意識高い系の子」であって、普通に日本で暮らしている限り、英語の発音は残念ながらどんどんヘタクソになっていきます。(T_T)

理由は簡単です。

仮に発音が上手であったとしても学校の成績や入試で評価されないからですね。

なので本人はもちろんのこと、指導者側もそちらにあまり意識が行かないからでしょう。しかもなまじっか文字が読めるようになってますので、基本的にめんどくさがり屋の子供たちですからよほど何かの仕掛けや強制をかけない限りは、音源を使っての学習というのはしなくなります。

これは断言してもいいですが、英語学習を音源を使ってやり続けている子というのは間違いなく「意識高い系の子」です。つまり将来的に留学等を真剣に考えている生徒くらいですね。そうでない限りは、CDをかけなくても文字が読めるので、基本的にはCDなしで我流で読むようになります。これが発音ヘタクソ人生の第一歩となるわけです…嗚呼…(T_T)

たまにはぼやきだけで終わらせていただきます・・・。

英語の成績を伸ばしたい

英語の力を伸ばしたいという時、今のやり方で成績が伸びている人は以下の文章は読まれる必要ありません。そのやり方をそのまま持続していただければしっかりと力がついていくと思います。
 
逆に「ナンダカイマヒトツ」という方は以下の内容をご一読いただければと思います。

 
結論から言うと、塾に週1で通っただけで英語ができるようになる、というのは幻想です。とまで言うと、言い過ぎかもしれませんが、まぁそれぐらいに思っておいた方が現実とのギャップが少なくて済むと思います。

冷静に考えてみればわかると思いますが、週に1コマの授業を受けただけで誰もができるようになるぐらい英語という教科がチョロい教科なのであれば、おそらくほとんどの塾や予備校から英語という講座がなくなっているはずです。

レグラボではできるだけどのお子さんにも週に複数回レグラボに足を運んでもらうようには伝えています。もちろんお住まいの地域やお子さんの状況によってそれがなかなか難しい場合もあるのですが、少なくとも今、英語で何らかの問題を抱えているのであれば週1回だけ通っておけばいいという発想を変えることが成績向上のポイントです。

実際問題、受験生などで西宮北口界隈の他塾に通いつつ英語はレグラボで、というお子さんはほぼ毎日レグラボで決められたトレーニングメニューをこなしてから他塾へ行ったり、あるいは他塾が終わってから、こちらに寄ったりとしていますが、彼ら/彼女らの成績の伸びは一目瞭然です。

でもこれ、当たり前のことなのですが、英語は「ちょこちょこで良いので毎日やる」が基本なので、「毎日できる」枠組み(=習慣化)さえ作ってしまえば、あとはふつーに成績は上がっていくわけです。

さあ、成績が上がらないと悩んでいる分だけ時間の無駄ですよ〜(^^)

ネタ

日本語の小論文でも英語のライティングやエッセイでも言えることですが、受ける大学の偏差値レベルが上がれば上がるほど、書くべき「アイディア」が重要になります。

このネタが足りない状態で焦って小論文の練習をしたり英語のエッセイを書こうとすると、お題を前にして何を書いたらいいかわからずうんうんと悩んでしまい、結果、時間ばかりが過ぎていく羽目になります。

もしこれが英語のライティングだったりすると、書くべきクリアなアイディアが頭の中に(日本語ですら)ないので、それを英語で書こうとすると、これはもうウルトラCどころの話しではなく、確実に意味不明な論旨展開となって採点する者を混乱に陥れることになります。本番がこれだと当たり前ですが100%アウトです。

またもしこれが日本語の小論文だったとしても同じことで、だいたい難関大学の小論文入試だとお題に関連した参照文がいくつか掲載されていて、最初に受験生はそれを読まされた上で小論文を書くことが多いのですが、頭の中に十分なアイディアがないので、その参照文を読むだけでいっぱいいっぱいで、それに対する疑問点や反論などが出て来るはずもなく、結果自分が書いた小論文は一言でまとめると「イイトオモイマシタ」みたいな全く読むに値しない文章になり、これも残念ながら即アウトとなってしまうわけです。

一方で書くべきネタが自分の中に十分にある場合はどうなのか?

お題を前にして、どのネタを使ってどのように論を進めていくかのアイディア出しと構成に最初の10〜15分を使ったあとは、ひたすら怒涛のようにペンが動いていきます。このレベルの答案が書けて初めて合格するレベルの受験生と同じ土俵に立てるわけです。

また書くべきアイディアが豊富にあると、仮に課題文や参照文があったとしても、それがどの観点から述べられているのか、あるいはその論点の問題点がどこかなのかなどが頭に浮かびながら参照文を読むので、読みながらも要所要所で「ツッコミ」を入れつつといったように、いわば一人ディベートみたいなことが可能になるわけです。このレベルで参照文が読めると、参照文はあくまでも「参照」としてその論旨も踏まえつつ自分の意見を展開できるわけです。

先日小論文の必要な受験生に「グローバル化」というかなり大きなテーマについて10分程度で自分の口でアウトプットしてもらう練習をしましたが、南北問題や世界の均質化、宗教などの観点からグローバル化のメリットとデメリットでについて上手く説明できていました(^^)。ライティングやエッセイ、小論文に対してはこんな感じで、まずは関連分野の必要知識をインプットすることと、それを自分の言葉でアウトプットする練習が過去問演習の前に絶対に必要であるわけです。

おっと

バタバタしていて気づいたら完全にブログのこと、頭から抜けてました。m(_ _)m

梅雨が明けたと思ったら、いきなり暑くなりましたね…。

この炎天下の中、昼間に部活をしてからこっちに勉強or多読or英検対策or他教科の自習をしにくる生徒が結構いますが、そらクーラーの効いた超快適な部屋で勉強始めたらソッコーでウトウトしますよね…(^^;)

そういう場合は基本的にしばらく放っておきます(そら眠くなるでしょう)。ある程度仮眠を取って眠気が取れたらまたそこから再開すればいいわけで。

たまに、爆眠している子もいますが、これもその時の雰囲気を見つつあまりに長引きそうでしたら途中で起こしますが、それでも眠気が取れない場合は諦めて帰るか、頑張るかの2択で迫ります。

さて、7月ももう終わりで明日から8月ですね。こないだ夏休みが始まったばかりかと思ったのですが、あっという間です。

夏休み・・・英語・・・やってるけど・・・イマヒトツやな・・・という方!

いつでもお気軽にご相談ください。

PS:何度も言ってますが、悪化してからではかなりキツイですよ〜

PPS:あ!と言って、もしすでに悪化してしまっていたら、それこそお早めに一度ご相談ください〜(その時々のタイミングで私の手が比較的空いていたらなんとかできるかもしれませんので…)

そろそろ

期末考査も終了した学校の方が多くなってきた頃でしょうか。
そろそろテスト返却も始まりますね。

特に中1〜中2生に関しては
「なんとか今回もしのげたわ〜汗」
という方のほうがまだ多いかと思いますが、中3になると、前回の中間に引き続き、今回もいまひとつで、
「明らかに去年までと何かが違ってきている」
という焦りにも似た感覚も出始める頃かもしれません。
特に私立一貫校でこの傾向は強く、中でも大学併設校ではない進学校になると、その傾向はさらに加速すると思います。

進学校の生徒ともなると、あまりに母集団から外れてしまうと頑張るモチベーション自体がなくなってしまうこともよくあることで、こうなると正直なところ(本人も親御さんも)かなりキツくなってきます。
 
ですのでいつも「なるべくお早めに…」とお声をかけさせてもらっています。
 
特にお子さんに今のこの段階でこれといった問題がない状態で入塾されると、マスコミ受けするような「驚異!入塾して◎◎点UP!」みたいなわかりやすい成績アップは体感としてはないかもしれませんが、その代わり、入塾後も常に高いパフォーマンスを持続されています。

でもですよ、それが一番ご本人にとっては良い状態ではないでしょうか・・・?(^^;)
 
さあ夏休みも近づいてきています。
LEGLABOでこの夏も楽しく、しっかりと成績をつけていきましょう!

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ