HOME > LEGLABO 講師ブログ

LEGLABO 講師ブログ

おとなのレグラボ

すみません、さっきの投稿でお知らせを入れ忘れました!


4月から「おとなのレグラボ」始めます!


「おとな」と言っても大学生ぐらいからの対象になるのかなと思いますが、TOEICや英検などの資格英語対策に特化した講座です。

完全マンツーマンの1回100分授業です。

指導に当たる講師(もちろん私ではありません)はまたHPでご紹介しますが、TOEIC満点で英検1級ホルダーの講師です。

今年はおとなのレグラボもご期待ください(^^)

英語で不安な方はお気軽に〜!

そろそろブログ更新せなマズイな・・・とか思う暇もなく、気づいたらもう3月です。

受験生抱えてたらブログどころじゃないし、受験生以外にも気になる生徒なんてそらわんさかいますので、ブログが頭の片隅から吹っ飛ぶことなんてそらいつものことやとご容赦ください(←なんの言い訳や・・・)

さて、冒頭にもあります通りもう3月です(^^)

英語に一抹の不安がある方から、「英語やばい・・・」という方までその今の勉强をリセットするにはちょうど良いタイミングです!

HPを見たところで実際のところは塾に通って授業を受けてみないと「合う・合わない」なんてわかりません。

「どうしよう・・・」なんて思うだけ時間の無駄ですので、ご不安を抱えられている方はお気軽に体験授業受けてみて下さい〜!

国公私立

お問い合わせの段階でよく受けるのが

「そちらはやはり私立の方向けの塾ですか?」

というお尋ねです。

答えは確かに比率で言うと国私立の生徒の方が多いのですが、開校以来指導してきて私が持っている感触としては

「在籍中・高はほぼ関係ない」

です。

この質問をお尋ねされる親御さんのお気持ちはよくわかるのですが、それでもやはり

在籍中・高はほぼ関係ありません

と断言できます。

というのも授業内容をどこか特定の学校に合わせて進めることはしていませんし(なんなら文法だけに特化したら1年のある時期でどこよりも遅い時もあったりで)、定期考査前の対策はそもそもどこの学校もバラバラなのではなからそれぞれの子が通っている学校に合わせているので、国公私立はあまり関係ないというのもあります。(あ、あと、入塾後に、親御さんから「やっぱり私立の子が多いので…」とか「公立の子との進度が合わないようなので…」とか、そういうご相談も皆無というのもあります)

ただ、それ以上に断言できる一番の理由は、こちらでやってる内容を普段しっかりしてくれていれば、根っこの力が着実についていくからです。

「知識の詰め込み」や「受験対策」なんかはその根っこの力がちゃんとついていれば、時期が来れば必要最低限やらせてなんとでもなります。

でも、普段から「知識の詰め込み」や「受験対策」でやってきた(と思ってる)子はそれがうまく行かなくなったときの修正がむちゃくちゃ難しいですし、こちらでも手を焼くことは結構あります。

大学受験は若干様子が異なりますが、高校受験ならたとえで言うと、こちらでやってることを普通にこなしてくれていたら入試で必要な力を差っ引いてもお釣りが十分来る感じです。

なので、何の心配もいりませんよ〜

そのつづき

前回のブログはやたら前説が長い割に最後は私の嘆きだけで終わってしまったのでちょっと補足を…

何度もこのブログでも書いてきていますが、私は基本的には多読指導においては

「簡単なもの、易しいものをたくさん」

という姿勢でやっています。

でも生徒たちもそうですが、保護者の方の中にも簡単なのばかり読んでいてホンマに大丈夫なのか?という疑問は当然あると思います。
 
で時折口頭でそういう質問を受ける場合には、その都度熱弁しているのですが、また多分このブログでも何度か書いたような気もするのですが、もう一度お伝えしておくと多読用の絵本には2種類ありまして
 
グレーディッドリーダーズ(GR)

と呼ばれるものと

レベルドリーダーズ(LR)

と呼ばれるものです。
 
ざっくり大きな違いを言っておくと、この2つはその想定している読者が違うわけです。

GRは親御さんの世代でももしかしたら学校の図書館にあったような少し薄っぺら目の洋書で、例えばペンギンリーダーズなんかは有名どころなので「ああ」と思い出されるかもしれませんが、要はそれを読む読者としては我々日本人みたいなノンネイティブを想定して作られているわけです。

一方LRの読者はズバリ、英語を母語とするネイティブの子供たちです。
 
ノンネイティブを読者として想定しているGRの場合、当たり前ですが単語や文法なんかも読者のレベルに合わせて調整をしてくれるわけで、ここが良い意味でも悪い意味でもLRとの一番の違いです。
 
これはもしかしたら好みの問題なのかもしれませんし、以前多読のワークショップに行った時に、ある大学の先生は大学生に読ませる多読教本にはGRの方が良いとおっしゃっていまして、その説にはなるほどなぁとも思ったのですが、ただ私は正直GRがあまり魅力的に思えなくて(^^;)…(あ、でもうちにもGR、置いてますよ!)

要は表現の幅が抑えられたところで話を作っているわけなので、ストーリー自体が面白みのあるものでなければ読むのがちょっときついなぁという感じがします。似たような表現の繰り返しだったり、同じ単語の使いまわしであったりとか…

一方でLRの方はネイティブの児童を対象に書かれているものなので、やはりリアルで生の英語が満載なわけです(英語学習をしているノンネイティブへの忖度など一切ナシ!)。

このリアルで豊かな生の英語で平易な内容について書かれたものにはどんどん触れさせたほうが良いと私なぞは思うわけです。

ただ、何度も言いますが「簡単」というのは使われている英語が簡単というのではないのです。内容が簡単なのです。LRでは一番レベルの下(読むネイティブ児童の年齢が一番下)のものでも多分普通に大学受験する高校生も知らんやろなという単語がバンバン出てきます。でもその単語を向こうでは幼児レベルの子たちが知っているわけですよ?(一方で、日本の受験生が単語帳で覚えたような抽象度の高い単語なんて、向こうの小学生は知らなかったりするわけです。嗚呼このい・び・つさ!)あと基本動詞の使い方なんかも我々が見てても非常に勉強になるフレーズがたくさん登場するわけです。
 
ただこういうものも読む語数が少ないとあまりモノにならないわけです。浴びるようにたくさん読むからこそ、その英語のシャワーで少しずつ読者の頭に入っていくわけです。
 
特に日本語に直訳しにくい表現なんかも対象年齢が低めな本ほどたくさん出てきます。こういうフレーズにバンバン触れていくと(当たり前ですが)いちいちそれを日本語に直さずに理解していくようになります。

多読で何十万語と読んでる生徒に、これ、どういう意味かわかる?と聞くと「なんか〇〇みたいな感じ?」というような返事が返ってくることが多くなるのですが、これがほぼ当たってるわけです。小学生ぐらいの帰国子女にこれってどう言う意味って聞くと、的確な日本語の辞書的な意味ではなく「〇〇な感じ」とか「〇〇みたいな」と言うのとよく似てるわけです。何万語も読む中で、何度も何度も半ば無意識ながらこういうことを繰り返していると、自然と文脈でおおよその単語の意味を類推する力がついてきます。

これ、親御さんの世代でも塾とかで言われませんでした?「知らない単語は文脈から類推せよ」みたいな。で、いやいやそんなこと本番の試験時間中にやっとったらタイムアウトなるわ!みたいな反論から単語帳がバシバシ売れるわけなんですが、実はあの「文脈から類推」というのはこのレベルの絵本をガンガン読んでる子が知らず知らずのうちに身につける力であって、あくまでもそれは結果論としてそういう力がつくわけで、人工的に受験参考書で身につけようとすることがそもそも間違っているわけです。
 
こういう英語学習なら始めるのは早ければ早いほうがいいって思いません??(^^)

むちゃくちゃオーガニックな学習法だと思いますよー

その真意を教えて下さい

レグラボの生徒が通う学校で、珍しく学校の英語指導の一環として多読指導を「がっつり」取り入れられているところがあります。
 
たまたまそのことが分かったのも、その生徒にシャ読を進めた際に
「学校でも定期的に多読する時間が設けられていて読んでいる」と。
 
ただ、少し気になったのが、私がシャ読を進めた時と、学校でも多読をやっているということをその生徒が話す際の表情的にやや否定的な香りがしたので「イマヒトツやなぁ」とか思ってる?と聞くと、
「そういうわけじゃないけどあまり面白くない」と。

読書が嫌いなんかなと思って聞くと
「そういうわけじゃなく、難しくて疲れる」と。
 
これはまぁ多読でやりがちなことでもあるので、もっと簡単なやつ読んだらいいねん、と伝えたところ、
「バッと見でどれが簡単なのかとかの判別がしにくい」と。
 
どんな感じの本を読んでるの?と聞くと、いわゆる洋書と聞いて一般の方がイメージされるような文字ばっかりのやつだったので、いやいや、「絵本」をもっとたくさん読んだらいいやん、と伝えたら、例えばどんなのですか?と聞いてくるので、もはや多読入門の王道とも言えるORTを見せると、
「ああこれ、書庫にあるの見たことあります」と。

(多読用書庫あるんや…羨ましい…)←心の声
 
そんな簡単なので力付くんですか?と聞くので、いやいや、ORTナメたらあかんで…と。

国家レベルで英語指導に取り組んでる国が作った絵本で、且つ、長年使われ続けてるというのはやはりダテでは無いわけです。確かに小さい子供向けの内容なので、なんなら絵を見てるだけで、文章読まんでも内容は理解できるぐらいなのですが、使われてる英語自体は現地のネイティブの子供向けなので語学レベル的にノンネイティブへの忖度は一才ナシ!それが故に絵を見てるだけでわかる内容にしてくれているのが逆に英語学習には無茶苦茶生きてくるわけです。
 
しかもこのORT、ノンネイティブからはひっくり返っても出てこないような、簡単でいながら驚嘆のため息しか出ないような非常に英語らしい表現も満載で、これは読まなウソでしょ!?っていうやつなわけです。あ、ちなみに、これ、別に私だけの個人的な意見ではなく世界的にそういう評価をされている本です。

それと、もう一つ気になったのが、これは特に高校生ともなるとあるあるのことなのですが、簡単な絵本で力つくん?という発想自体が、多読を「勉強」としてしか捉えていないからこそ出てくる発想なわけで、非常にチープな発想やなぁと思わざるをえないわけです(あ、その子が悪いというのではなくて、だいたい大半の高校生がそんな認識になりがちだということです)。その狭い視野で取り組んでるから多分多読してもイマヒトツ学力として身についてない一番の理由とちゃうのかな?と個人的には思うのですが、そもそも絵本って子供の頃、勉強で読む子供なんていないですし、あと1回読んで終わりとかそんなことも絶対ないですよね?特に良い絵本て何度も読んでくれと子供はせがんできますよね?まさにコアな部分はああいうところにあると思うわけです。

とここまで力説して、当の本人は「へー」という表情で、「だったら絵本をこれからどんどん読みたいと思います」と言って帰ってきました。


はい、ここまでが前説です(なが!)
本題はここから。

その生徒が数日後レグラボに来て、たまたまシャ読の話になった際に
「先生に言われた通り学校の多読の時間で絵本を読んでいたら英語の先生から怒られました」と。
 
一瞬目が点に。

「え?」と聞くと

先生曰く、「こんな簡単なの読んでたらだめだよ」

WHAAAAAAAAAAAAAAAAAAAT?!?!?

先生、教えて下さい。「なんでそんなこと言ったんですか???」(T_T)

すみません、前説長いわりに本題はこんだけです。

思い立ったが吉日

校内生から

「友達が高校からレグラボ来る言うてましたー」

と言ってくれることはよくあることなのですが、そういう場合はほぼ大半のケースで

「ほな今すぐ来るように言うといてー」

と返してます。

理由は簡単で、どうせ来るつもりにしているのなら「今すぐ」の方が

苦痛感もなく、労力も半分以下で、楽しく、且つ、すぐに結果が出やすい

からです。

言い換えると、あとあとに回してからうちに来る生徒の場合は、たいがいがこの逆になりがちです(^^;)。

何度も言いますが、もともと「英語ができない子」などいないのです。
今、英語ができないという子はもともとできなかったのではなく、「英語ができなくなる習慣」を送っていることが一番の原因で、且つ、その習慣を続けてるがゆえに「ますます英語ができない思考」になってるだけです。で、その「英語ができなくなった思考」であれこれ改善策を考えたところで改善するはずがないのは誰の目にも明らかですよね?(^^)

そう考えたらこちらに来てもらうのは早い方が(その子にとって)絶対にいいと断言できるわけです。

「入試問題を使った演習解説」みたいな無機質で期待ほどにはあまり栄養価のないものを体内に入れる前にやらなあかんことはたくさんありますし、そっちの方が楽しくて、有機的で、それでいてなかなかライバル達には追いつかれにくい底力をつけられますよー




テスト結果に一喜一憂

テスト結果が返ってくると、まぁ当たり前のことですが受けた当の本人は点数しか見ません。

まぁここはほぼかなりの高確率でそう言っていいと思います。

もちろんたまにどこが間違ったのかと自分の返却答案を分析する子もいますよね?ただこういう生徒に関しては基本的に自分で問題解決ができる能力のある子なのでそんなにおかしな点数を取ってくることはないわけです。

でもそうではない、残り大半の一般ピーポーはというと点数だけ見て「ヨッシャー」とか「死んだ」とかで軽く済ますわけです。

親御さんも大体このパターンが多いんですが、たまにご自身が学生時代に英語が得意だった方だったりするとお子さんの答案を分析されたりすることもあるかとは思います。ただやはりそこは現役を退かれてから大分時間が経つわけなので、どこで間違っているのかというあたりまでは分かるのですが、それが「今すぐに対処しないといけないレベルのことなのか」あるいはトータルで見た時に「他にもっと重要視しないといけないところがあって先にそちらの手を打たないといけないのか」ということまでは普通は分かりません(逆にこれがわかるお父さん、お母さんは多分英語の先生できますよね)。

もちろんLEGLABOにもいろんな生徒はいますので、文句なしの成績を取ってくる子もいれば、「やらかし」てくる子もいます。その際の見極めとなるのが普段の授業時や授業外のサポート時に見ているその子の現状の英語力と、テスト当日までの勉強の仕方、そして、本人の返却された答案内容になるわけです。

レグラボに来ている子の場合、「やらかした」ケースであってもこちらがその原因がわかる場合は、その点数から親御さんが受けられるショックほど私がショックを受けないことも多々あります。要は「心配いらない」ということなのですが、このパターンのお子さんに親御さんや指導者がテストの結果のみで叱責するとあまりうまくいかなくなるケースもあるので要注意です。

LEGLABOの生徒でも「おれ、わたし英語できへんし!」と笑いながら言ってる子もいますが、その「英語デキヘン」の内容がどんなものなのかは教えている私にしかわからないと思います。「英語デキヘン」と言っているのはあくまでもペーパーテストだけのことで、実際私から見たら「できてるで」と思う子もいるわけです。

私から見て「英語ができないわけじゃない」のに本人のペーパーテストが取れてない子と言うのは大体ほぼ百発百中で他の教科の成績も似たような感じです。つまりその子の英語力の問題ではなくて勉強あるいはペーパーテストが嫌いなだけということも十分ありえるわけです。こういう子がそんなペーパーテストの点数ごときで「自分には英語力がない」という自己評価を下してしまうとこれはもう悲劇でしかないわけです。そういう子には授業内でもその子ができていると私が評価している分野に関してはベタ褒めすることもあるわけです。英語は身体能力的な要素が関わってくる部分も結構あるのでその子の今の状況だけでその子の英語力の評価を下すのは結構危険やなと思う今日この頃であります。

あ、ちなみに他の教科はほぼできてるのに英語のペーパーテストだけ悪いという子の場合、英語が本人の自覚通り「デキテナイ」可能性は高いですので早めにご相談くださいねー。


中間テストはまだまだ続いてますが

今年の中1は結果真面目な子が多いみたいで学校の定期テストも軒並み高得点を叩き出してくれています(^^)。

もちろんそれはそれで喜ばしいことなのですが、最近は学校の定期テストの結果はまあ「グリコのおまけ」みたいなもので、それよりも着実な基礎力をつけてくれているかの方に以前にも増してより関心度が高くなってます。

仮に学校の定期テストが取れていても大体基礎力がついてない子というのは授業中にこちらが必ず違和感を覚えます。逆に授業中に何の違和感もなくやってくれている子が仮に定期テストでずっこけたところであまり動揺はしないわけです。

定期テストの中には「いかに学校の先生が伝えたことを一言一句間違えずにアウトプットできるか!?」のみを問うてくるものもあるので、そんな余白の全くないギチギチのテストなど作られると英語力あるけど勉強嫌いな子は一発でカモにされたりするわけです(-_-)(ただそんな時も、点数報告を受けて一瞬「は!?」とはなりますが、それでどないしようオロオロ・・・とはなりませんけどね!)

高校に入ると覚えるべきことがコ◯ナ級に爆増します。この時に基礎力の土台がついてなかった生徒は思考停止となるわけです。

つまり

文法の足固めもできてない&覚えるべきことが多すぎて萎える 状況です。

こうなると「基礎力をしっかりかためる」という道と「覚えるべき莫大な項目を暗記していく」という道の2つの道を同時並行でやらないといけないというウルトラQレベルの課題をつきつけられるわけです。そしてそんなウルトラ芸ができる生徒はそもそも英語が苦手になったりはしないので、この段階で「ア、ツンダ・・・」となるわけです。

いずれネガティブな気分で後手後手の勉強に莫大なエネルギーと時間をかけないといけないぐらいなら、先手先手でその半分ぐらいのエネルギーと時間を楽しい気持ちでやる方向にしてみませんか??(^^)絶対にそっちの方が楽しいですよー

New Treasureという教科書

Z会から出版されているNew Treasureという文部科学省検定「外」の教科書があるのですが、これ、個人的には非常に良いものだと思うのですが、如何せんこれを使ってどんなレベルの生徒を指導するのかという点に関しては充分吟味されたほうが良くないですか?と思わずにはいられない今日このごろです。

私が中高生だった時代でいうとプログレス(もちろん今もあります)がそれに該当すると思うのですが、これらの教科書、本当に「諸刃の刃」みたいな教科書で

「これで英語を鍛えてもらった」

と言う人がいる一方で

「あれでヤラレタ」

と言う人も同じだけいるのでは?というぐらいその世界では有名な教科書なのであります。
 
中1から通ってくれている生徒で学校がNew Treasureを使ってる子なんかに関しては、そのNew Treasureを使ってみっちり復習をしてあげるとかなりの力をそれも確実に付けていってくれるのですが、恐ろしいのはそれで完全に「ヤラレタ」子がやってくる場合です…(-_-) (これから増えそうな予感が…)
 
完全にノックアウトされてからだと元の状態に戻すのに膨大な時間と莫大なエネルギーが必要なので、せっかくならそんな負の状態になる前に来てもらえたら、そのかけるエネルギーと時間の半分ぐらいで倍以上の効果につなげてあげられますよー(^^)

鉄緑会の校内模試

先日、鉄緑にも通っている中1の校内生が8月に鉄緑で実施された校内模試の問題を見せてくれました。

中1のこの時期の鉄緑の校内模試は見たことがなかったのでちょっとびっくりしたのが中1の8月の時点でのテストで「比較」の問題が出ているという…(^^;)

さすがふきこぼれの塾!(落ちこぼれの反対という意味だそうです)

ただ、また別の意味でびっくりしたのは大問1題分で発音問題が出ていたことです。センター試験ももうなくなったのに…あとリスニングテストもついてるのに…まぁこれはスピーキングの代わりってことなんでしょうね。

一つ一つの問題を見ていると、当たり前ですが特にそんなに難しい問題があるわけではないんですが、問題はじゃぁこれを中1の夏休みで解けるのか?という話でして…。もちろんそうなるとまた全然話は変わってくるわけです。

もちろん帰国子女生なんかで、灘・甲陽・女学院などに行ってる子なんかはこんなペースでも余裕なんでしょうけども、英語を全くやってなくて中学校からこのペースに放り込まれるとかなり危なっかしいなぁとも思うわけです。まぁただ、以前東大に行った教え子が「東大行くだけなら鉄緑いりませんよ」と言う位のレベルなのでこれぐらいが彼らからすると「ふつー」のレベルなんでしょうねぇ。

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ