HOME > LEGLABO 講師ブログ > アーカイブ > 2020年9月

LEGLABO 講師ブログ  2020年9月

鉄緑会の校内模試

先日、鉄緑にも通っている中1の校内生が8月に鉄緑で実施された校内模試の問題を見せてくれました。

中1のこの時期の鉄緑の校内模試は見たことがなかったのでちょっとびっくりしたのが中1の8月の時点でのテストで「比較」の問題が出ているという…(^^;)

さすがふきこぼれの塾!(落ちこぼれの反対という意味だそうです)

ただ、また別の意味でびっくりしたのは大問1題分で発音問題が出ていたことです。センター試験ももうなくなったのに…あとリスニングテストもついてるのに…まぁこれはスピーキングの代わりってことなんでしょうね。

一つ一つの問題を見ていると、当たり前ですが特にそんなに難しい問題があるわけではないんですが、問題はじゃぁこれを中1の夏休みで解けるのか?という話でして…。もちろんそうなるとまた全然話は変わってくるわけです。

もちろん帰国子女生なんかで、灘・甲陽・女学院などに行ってる子なんかはこんなペースでも余裕なんでしょうけども、英語を全くやってなくて中学校からこのペースに放り込まれるとかなり危なっかしいなぁとも思うわけです。まぁただ、以前東大に行った教え子が「東大行くだけなら鉄緑いりませんよ」と言う位のレベルなのでこれぐらいが彼らからすると「ふつー」のレベルなんでしょうねぇ。

解説動画

毎回の授業時間というのは極めて限られているので、その中で子供たちにやってあげたいことを優先順位でつけていくとどうしても下位に来るのが文法解説になります。

誤解のないようにいますが、文法が不要と言ってるわけじゃなくて、細かすぎる文法説明に貴重な授業時間を割くのがいまいちなぁ…と思うわけです(あ、一応念の為にお伝えしておきますが、「文法解説」自体は無茶苦茶得意ですよ!(^o^)v)。リーディングはもちろんのことスピーキングやライティングに必要な文法はむしろ優先で教えますが、そもそもスピーキングやライティングをする上でそないマニアックに教えないといけないような文法項目自体がそう多くはないわけで、端的にポイントを押さえて説明してあげればこちらが手取り足取り教えないといけない項目などそんなにないと思うわけです。

基本的な文法知識をサッと教えてあげたら、あとはそれを使ってスピーキングやライティングをしていく中で身に付けていけばいいなと思うわけで・・・。その時間こそが授業の中で極力取ってあげたいなと思う時間でもあるわけです。

ただそうなると宿題で渡している文法問題集を生徒が解く際に、唯一の拠り所になるのが貧相な解答解説集しかなく、これはこれでちょっとなぁ・・・と。

で、最近始めたのが自分で解説動画を撮ることです。

小テストの勉強があるので、生徒は毎回宿題の問題集を解かないといけないのですが、その際に解説動画を自分のペースで見てもらった上でテストを受けています。これも生徒に極力負担がかからないようにピンポイントだけ押さえて解説しますので、大問1つにつきどれだけかかっても5分以内で終わらせるようにしています。

今のところ、生徒からの反応はまずまずといったところなのでしばらくこのまま続けていこうかなと思ってます。

英語でスピーキング

授業中にもスピーキングの練習をよくするのですが、うちは基本的にいきなり難しいことはしゃべらせません(まぁ帰国子女とか幼い頃からバリバリやってきた子は別として普通の日本人の生徒はそれだと喋れません)。
(あ、ちなみに親御さんの世代ではまだまだよくあることとして、スピーキングというといきなり敷居が高そうに思うかもしれませんが、今や普通に学校でもやってますし、また、スピーキングなしでのライティング活動もあまり意味がないかと思うので、「先生、うちの子、英語全然できないのにいきなりスピーキングとか無理ですわ・・・」という心配も御無用です)

いきなりちょっと脱線しましたが、なぜ難しいことを喋らせないかについてですね。。。端から英検や何かの試験対策が頭にある親御さんからすると過去問を使ってやってほしいと思われるかもしれないんですが、それはあくまでも自分のことがすらすら少なくとも最低1分はノンストップでしゃべれるようになってからでないとあまり意味がないからです。

ちょっと考えてみれば自分のことですら思うようにしゃべれない子に社会問題や国際問題を語れと言うのはかなり滑稽な話ですよね?
もちろん、真面目系の中高生で意識が高い子なんかは、英検の上位級の対策本を片手に、そこに掲載されているモデルアンサーを丸覚えして、それをアウトプットさせるような「特訓」にもなんとかついていくかもしれませんが、まぁ普通の中高生はそれではついていけないでしょう。途中で挫折するはずです。

そうではなく、まずは自分に関する事柄を自分の言葉ですらすらとよどみなくある程度の時間ノンストップでしゃべれて、且つそれを今度はスラスラと書いてみるというアウトプットをある程度こなした上で、少しずつ話すテーマを自分から遠ざけて周りの人のことや、普段生活している地域社会のこと、さらには日本社会全般に関すること、そして最後がグローバルなテーマへと広げて行くことが基本的な王道パターンだと思います。

新しく入ってきた生徒なんかは最初にちょっとスピーキングをしてもらってそれで大体どのレベルからのお題で始めていくかを決めています。まぁ大体普通は自分の事柄から始まるのが一般的ですが、そこをしっかりと喋れるようにしておくと後々スピーキングやライティングに対する抵抗はかなり減ると思います。

これからの社会、いつなんどき英語で自己紹介を1分程度で・・・と振られることもあるかもしれませんしね!(^^)

柔軟さ

もちろん塾ですのでレグラボでも毎週の「宿題」や毎回の授業時の「確認テスト」ももちろん用意しています。

が・・・
 
これはあくまでも基本的にそういう用意をこちらがしていて、それなりの数のそれを必要としているレグラボ生がそれをこなしているということであって、こちらに来ている生徒全員がそれをやってるわけではありません。

というのもこちらに通ってくれている生徒のバックグラウンドはかなりバラバラでして、

学校が完全放置状態で宿題も課題もほとんどない!というような自由放任主義(?)の環境に身を置く生徒もいれば
鬼のような課題や宿題が出され、毎週その確認テストに追われるような生徒もいれば、
あるいは鉄緑みたいなこれまた光速の授業ペース&鬼のような宿題量を課す塾と併用している生徒もいたり
はたまた上記のどれかのパターンにあるものの、今までの復習こそが最優先項目で宿題などやってる場合ではないような生徒もいたりで

そうなってくるとこちらで出す課題の重要性や必要性などというのは個人によって相当変わってくるわけです。
 
特に学校の課題で押しつぶされてペースを乱し、それによって「英語わからん」&「英語きらい」になっている子なんかはこちらでそのペースメーカーになってあげて少し見てあげるとすぐに軌道に戻る子もいたりします。←もちろんこのタイプの子なんかはこちらで宿題や課題は基本は出しません。

色々と抱えられている問題は本当にみなさんバラバラですので、そういったことも含めてご相談頂けたら柔軟に対応しますよーということです。
あれこれ頭で考えて悩むよりご相談頂いた方が早いですよ。

発音練習の秋

夏期講習が終わって2学期からは少し時間もできるので、以前から少し気になっていた発音練習を中高生のクラスで一部取り入れて行きます。

大体短ければ5分から、長くても10分位でできるウォーミングアップトレーニングなんですが、毎回のルーティンにしていきたいなと思ってます。だいたいこういうのって、続けな意味がありませんので一回一回のトレーニングのハードルは下げておくのがコツです。

まとまった英文を、簡単なレベルから徐々に難易度を上げて音読していくトレーニングなのですが、下手くそな発音やもはや何語かわからない発音だと全てアウトになるので、ちょっとでも発音に意識を向けてくれたらなと思ってます。(まぁ小学校からやってる子はそんなに問題はないのですが、中学から始めた子やあるいはどこかで挫折した子はだいたい発音が全くのデタラメなのでいい練習になると思います)

母音や子音をテキトーに発音していると全然コンピュータが反応してくれないので、自分の発音がイケてるのかイケてないのかが一番生徒本人が痛感できるので良いですね。

あと、一発でクリアできなかった英文は何度となく繰り返し発音しますので、おまけとしてその例文が自然と暗唱できるようになるのも狙いの一つではあります・・・。

今日から9月です

まだまだ暑さが厳しいですが今日から9月ですね。

もうすでに2学期が始まっているところもあれば、今日から本格的にスタートする学校もあります。
 
コロナ禍による異例の夏休みを経て、子どもたちもまた少しずつリズムを取り戻していくと思いますが、こと英語学習においては日々のリズムが本当に大事です。
 
英語ができなくなったのには原因があって、それは間違いなく「できなくなる毎日を過ごしてきた」そのツケが今のその人の英語力になっているからです。それを対症療法や小手先の技だけでなんとかしようとするので無理が生じたり、そもそも結果につながらなかったりするわけです。

英語ができなくなった子には「英語ができるようになる習慣」をつけてあげれば必ずできるようになります。

新学期スタートはそういう意味では今までの日々をリセットして、新しいリズム付けや習慣付けを行うきっかけには一番良いと思います。
 
こちらへのお問い合わせで「前から気になっていました」とか「数年前からちょくちょくホームページ見てました」というお声を結構いただくのですが、そんなに前から見て頂いていたのなら、もっと早くご連絡いただければよかったのに・・・的なこともないわけではありません・・・(^^;)

お早めにご連絡をいただければその分だけそんなに悪化しないうちにスタートができますので言うことなしですよー

1

« 2020年8月 | メインページ | アーカイブ | 2020年10月 »

このページのトップへ